精神疾患の障害年金の申請なら、圧倒的な実績と経験を有する精神疾患専門の横浜障害年金申請相談室にお任せください。

精神疾患の障害年金の申請なら
精神疾患専門

横浜障害年金申請相談室

池田社会保険労務士事務所運営

〒234-0054
横浜市港南区港南台9-19-1-337
URL:https://www.nenkin-seisin.jp
Mail:info@nenkin-seisin.jp


《ご対応エリア》横浜市・神奈川県全域・東京都

●お取扱い業務:精神疾患の障害年金の相談・申請代行




 

営業時間

9:00~18:00
(土・日・祝日は除く)

その他

無料相談を行っています.

初回相談無料

045-353-7383

浜家連(横浜市精神障害者家族会連合会)様から障害年金の相談先の一つに指定されています。

うつ病・双極性障害・統合失調症・

発達障害・知的障害の受給実績多数

 

 

精神医学用語①

悪性症候群

統合失調症に対するさまざまな向精神薬の投与、または抗パーキンソン薬の服用中止によって発症する重篤な副作用。高熱、意識障害、筋固縮、不随運動、嚥下困難などの錐体外路症状や、頻脈、激しい興奮などの自律神経症状が急激に生じ、放置すると意識障害や急激な脱水症状、栄養障害、呼吸障害、循環虚脱を来し、死に至る危険性が非常に高い。麻酔薬の副作用である悪性高熱症と似た症状を示すが、これは全く異なる疾患

アメンチア

思考の錯乱や、意識の混濁を生じる急性の精神錯乱状態。せん妄の前段階やその回復期にみられ、時には一過性の幻覚や妄想を伴う。意識の混濁は比較的軽症だが、意識障害を自覚することで困惑状態に陥り、情動的にも不安定になる。ウイーンの精神科医Th.Meynertが1890年に最初に用いた言葉だが、統合失調症の概念が確立されるに従い、感染や中毒による症状精神病によって精神的統一を失った意識状態を指すようになった。

アカシジア

抗精神病薬の副作用として出現する症状の一つで、身体全体が動く、そわそわする、落ち着かない、じっとしていられない、立ったり座ったりする、足がムズムズする、足をばたばたさせる、といった症状のこと。抗精神病薬を減量ないし中止したりすると軽快、改善する。急性期に見られる一過性の症状であるが、ときに抗精神病薬を長期に連続して使用すると出現し、持続して見られることがある、治りにくい症状。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

随時無料電話相談受付中!!


電話でのお問合せはこちら

045-353-7383

受付時間:9:00~18:00

(土・日・祝日は除く)

病院や年金事務所に申請・調査等で外出しているときは、留守電となります。留守電に入電いただければ、事務所に戻り次第、折り返しお電話いたします。
できましたら不在時はお問い合わせフォームをご利用いただき、メールにてお問い合わせ・ご相談をいただきますようお願いいたします。

お問合せはこちら

随時無料電話相談受付中!!
9時~18時
(土・日・祝日は除く)
電話でのお問合せはこちら

045-353-7383

メールでのお問合せは24時間受付けております。お気軽にご連絡・ご相談ください。

ごあいさつ

代表者名 池田 正       
045-353-7383

随時無料電話相談受付中!!
9時~18時
(土・日・祝日は除く)

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますので、お気軽にご相談ください。

info@nenkin-seisin.jp

代表プロフィール