精神疾患の障害年金の申請なら、圧倒的な実績と経験を有する精神疾患専門の横浜障害年金申請相談室にお任せください。

精神疾患の障害年金の申請なら
精神疾患専門

横浜障害年金申請相談室

池田社会保険労務士事務所運営

〒234-0054
横浜市港南区港南台9-19-1-337
URL:https://www.nenkin-seisin.jp
Mail:info@nenkin-seisin.jp


《ご対応エリア》横浜市・神奈川県全域・東京都

●お取扱い業務:精神疾患の障害年金の相談・申請代行




 

営業時間

9:00~18:00
(土・日・祝日は除く)

その他

無料相談を行っています.

初回相談無料

045-353-7383

浜家連(横浜市精神障害者家族会連合会)様から障害年金の相談先の一つに指定されています。

うつ病・双極性障害・統合失調症・

発達障害・知的障害の受給実績多数

8月3日(火)・4日(水)は、夏期臨時休業とさせていただきます。何卒、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

 

精神医学用語⑦

楽しみの喪失

「うつ病性障害」の症状の一つ。今まで楽しみにしていたことに楽しみや興味を感じなくなること。楽しいという感情が失われてしまい、何をしても楽しさを実感できないため、精神的な苦痛を感じたり、日常生活に支障を来したりする。この状態がしばらく続く状態を「うつ状態」という。

注察妄想

常に誰かに見張られていると感じ、複数の人が集まっている所に行くと、全員が自分を観察していると思い込んでしまう。自分を監視している組織がいるとか、自室に盗聴器が仕掛けられているといった妄想にとりつかれる。「妄想性障害」の一種で、「統合失調症」によくみられる。

適応障害

外的なストレスにより、日常生活や仕事、学業などにおいて支障をきたし、通常の社会生活が送れなくなる「ストレス障害」の一つで神経症に分類される。不安や焦燥、過敏、混乱、抑うつなどの情緒的症状に加え、食欲不振や全身倦怠感、不眠、頭痛、発熱、吐き気、ストレス性胃炎などの身体的症状が現れる。軽度のうつ病との判別が難しく、放置していると重度のうつ病に移行することがある。適応障害が原因で生じる身体的異常は「自律神経失調症」「心身症」とも呼ばれる。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

随時無料電話相談受付中!!


電話でのお問合せはこちら

045-353-7383

受付時間:9:00~18:00

(土・日・祝日は除く)

病院や年金事務所に申請・調査等で外出しているときは、留守電となります。留守電に入電いただければ、事務所に戻り次第、折り返しお電話いたします。
できましたら不在時はお問い合わせフォームをご利用いただき、メールにてお問い合わせ・ご相談をいただきますようお願いいたします。

お問合せはこちら

随時無料電話相談受付中!!
9時~18時
(土・日・祝日は除く)
電話でのお問合せはこちら

045-353-7383

メールでのお問合せは24時間受付けております。お気軽にご連絡・ご相談ください。

ごあいさつ

代表者名 池田 正       
045-353-7383

随時無料電話相談受付中!!
9時~18時
(土・日・祝日は除く)

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますので、お気軽にご相談ください。

info@nenkin-seisin.jp

代表プロフィール