精神疾患の障害年金の申請なら、圧倒的な実績と経験を有する精神疾患専門の横浜障害年金申請相談室にお任せください。

精神疾患の障害年金の申請なら
精神疾患専門

横浜障害年金申請相談室

池田社会保険労務士事務所運営

〒234-0054
横浜市港南区港南台9-19-1-337
URL:https://www.nenkin-seisin.jp
Mail:info@nenkin-seisin.jp


《ご対応エリア》横浜市・神奈川県全域・東京都

●お取扱い業務:精神疾患の障害年金の相談・申請代行




 

営業時間

9:00~18:00
(土・日・祝日は除く)

その他

無料相談を行っています.

初回相談無料

045-353-7383

浜家連(横浜市精神障害者家族会連合会)様から障害年金の相談先の一つに指定されています。

うつ病・双極性障害・統合失調症・

発達障害・知的障害の受給実績多数

8月3日(火)・4日(水)は、夏期臨時休業とさせていただきます。何卒、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

 

精神医学・精神福祉用語⑱

リハビリテーション

障害がある人などの医療的な機能回復訓練と捉えがちであるが、生活のしづらさ(障害)に対して医学、教育、社会福祉、職業などの多角的な援助による、社会的権利や名誉の回復を含めた「全人間的復権」を目指す実践をいう。
精神障害に関しては、精神科外来のデイケアやOTは医療上のリハビリテーションである。
しかし、ノーマライゼーションの思想によれば、リハビリテーションの対象は疾患ではなく社会生活遂行上の困難、不自由、不利益という障害であり、目標は障害者の高度な生活の質である。障害者の社会復帰には障害者自身とさまざまな立場や職種の人々が参加することが望まれる。

非定型精神病

非定型精神病は、典型的ではない、つまり非定型という意味合いで使われており、典型的な「統合失調症」「双極性障害」「てんかん」ではないが、複数の症状を呈している際に使われる病名。したがって同じ非定型精神病と診断されても症状は、さまざまである。通常は非定型内因性精神病を指す。統合失調感情障害と混同されやすいが、同一ではなく、非定型精神病はこれら「非定型」な疾患群を独立した臨床単位として分類した場合の呼称である。近年では操作的診断法の導入により、非定型的精神病の診断名自体使われなくなりつつある。
しかし、急性症状を主とする非定型精神病の診断を素早く的確に下し治療し役立てることは、患者の救命やQOLにつながるなど、一部では非定型精神病概念の再評価がなされている。

DSM、ICD

DSM:精神障害の診断と統計の手引き(米国精神疾患診断ガイドライン)
ICD:疾病及び関連保健問題の国際統計分類。
どちらも、精神疾患の国際標準として使用されている診断基準

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

随時無料電話相談受付中!!


電話でのお問合せはこちら

045-353-7383

受付時間:9:00~18:00

(土・日・祝日は除く)

病院や年金事務所に申請・調査等で外出しているときは、留守電となります。留守電に入電いただければ、事務所に戻り次第、折り返しお電話いたします。
できましたら不在時はお問い合わせフォームをご利用いただき、メールにてお問い合わせ・ご相談をいただきますようお願いいたします。

お問合せはこちら

随時無料電話相談受付中!!
9時~18時
(土・日・祝日は除く)
電話でのお問合せはこちら

045-353-7383

メールでのお問合せは24時間受付けております。お気軽にご連絡・ご相談ください。

ごあいさつ

代表者名 池田 正       
045-353-7383

随時無料電話相談受付中!!
9時~18時
(土・日・祝日は除く)

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますので、お気軽にご相談ください。

info@nenkin-seisin.jp

代表プロフィール