精神疾患の障害年金の申請なら、圧倒的な実績と経験を有する精神疾患専門の横浜障害年金申請相談室にお任せください。

精神疾患の障害年金の申請なら
精神疾患専門

横浜障害年金申請相談室

池田社会保険労務士事務所運営

〒234-0054
横浜市港南区港南台9-19-1-337
URL:https://www.nenkin-seisin.jp
Mail:info@nenkin-seisin.jp


《ご対応エリア》横浜市・神奈川県全域・東京都

●お取扱い業務:精神疾患の障害年金の相談・申請代行




 

営業時間

9:00~18:00
(土・日・祝日は除く)

その他

無料相談を行っています.

初回相談無料

045-353-7383

浜家連(横浜市精神障害者家族会連合会)様から障害年金の相談先の一つに指定されています。

うつ病・双極性障害・統合失調症・

発達障害・知的障害の受給実績多数

8月3日(火)・4日(水)は、夏期臨時休業とさせていただきます。何卒、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

 

精神医学用語②

意識混濁

意識の清明度が低下した状態。生理的な睡眠状態に似ているが、意識混濁の場合は十分に覚醒しない点が異なる。注意力を失って朦朧としているような比較的軽度の状態から、痛みにもまったく反応しないような重度の状態まで、さまざまな段階があり、救急医療現場では数値によって識別している。原因としては、脳幹部の障害によるものが多いとされる。

意識障害

物事を秩序立てて正しく認識・理解したり、外界からの刺激に対して五感が適切な反応を示さない状態。一般に、意識を構成する3つの要素である「清明度」「広がり」「質的」のうち、覚醒を示す「清明度」が低下した状態を指す。意識障害がある場合は、脳幹または大脳皮質のいずれか、あるいは両方に障害があると考えられる。

易刺激性

些細な刺激にも激しく反応し、不快感情が亢進した状態。ストレスなどが原因で、穏やかな状態から一転して爆発的な怒りを示す。強烈な刺激を受けて大きな危険を感じた際、危険意識が神経に記憶され、類似の事態に接すると、脳が反応する前に神経反射によって、瞬時に深い感情を示すようになる。反射神経も、広義の易刺激性といえる。

依存的

アルコール、ドラッグ、仕事、恋愛など、ある事物や他人に対して過剰に固執し、それなしでは生活が成り立たない傾向。やめなければいけないと認識しつつ、意志の力でやめられない。こころの葛藤から感情的な麻痺が生じ、それによって引き起こされる罪悪感や自己嫌悪が、依存的な傾向をさらに悪化させるという悪循環を引き起す。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

随時無料電話相談受付中!!


電話でのお問合せはこちら

045-353-7383

受付時間:9:00~18:00

(土・日・祝日は除く)

病院や年金事務所に申請・調査等で外出しているときは、留守電となります。留守電に入電いただければ、事務所に戻り次第、折り返しお電話いたします。
できましたら不在時はお問い合わせフォームをご利用いただき、メールにてお問い合わせ・ご相談をいただきますようお願いいたします。

お問合せはこちら

随時無料電話相談受付中!!
9時~18時
(土・日・祝日は除く)
電話でのお問合せはこちら

045-353-7383

メールでのお問合せは24時間受付けております。お気軽にご連絡・ご相談ください。

ごあいさつ

代表者名 池田 正       
045-353-7383

随時無料電話相談受付中!!
9時~18時
(土・日・祝日は除く)

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますので、お気軽にご相談ください。

info@nenkin-seisin.jp

代表プロフィール