精神疾患の障害年金の申請なら、圧倒的な実績と経験を有する精神疾患専門の横浜障害年金申請相談室にお任せください。

精神疾患の障害年金の申請なら
精神疾患専門

横浜障害年金申請相談室

池田社会保険労務士事務所運営

〒234-0054
横浜市港南区港南台9-19-1-337
URL:https://www.nenkin-seisin.jp
Mail:info@nenkin-seisin.jp


《ご対応エリア》横浜市・神奈川県全域・東京都

●お取扱い業務:精神疾患の障害年金の相談・申請代行




 

営業時間

9:00~18:00
(土・日・祝日は除く)

その他

無料相談を行っています.

初回相談無料

045-353-7383

浜家連(横浜市精神障害者家族会連合会)様から障害年金の相談先の一つに指定されています。

うつ病・双極性障害・統合失調症・

発達障害・知的障害の受給実績多数

8月3日(火)・4日(水)は、夏期臨時休業とさせていただきます。何卒、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

 

精神医学用語⑥

神経症

精神的・情緒的要因で、精神的あるいは身体的な症状が引き起こされた状態。強い不安感が増して自己制御が利かなくなり、動悸、息切れ、めまい、震えなどが起こる。精神的症状として表れるため、重度になると社会生活に支障を来し、本人の深刻度も「心身症」より増すといえる。神経症は症状によって「不安神経症」や「強迫神経症」など幾つか分類することができる。
障害認定基準では、神経症を精神病の病態を示している場合を除き、原則として障害年金の支給対象外としている。

心身症

心理的な要因が密接に関わる身体疾患の総称。器質的あるいは機能的な障害が引き起こされた原因や経過に、精神の持続的な緊張やストレスが関与している。身体の治療と同時に、精神的なケアの必要性も高い。「適応障害」とも症状が類似しており、同じ病気として扱われるケースも多い。ただし「神経症」や「うつ病」など、別の精神障害を伴う身体症状とは区別して考えられている。
 

睡眠障害

入眠や睡眠に異常が見られる状態。1990年発表の「睡眠障害国際分類」(ICSD)では、睡眠障害を4つに分類している。1つは睡眠自体に疾患がある不眠症、ナルコレプシー、睡眠時無呼吸症候群などを含む「睡眠異常」、2つ目は睡眠中に異常行動を起こす夜尿症、睡眠麻痺、周期性四肢運動などを含む「睡眠時随伴症」。3つ目はうつ病などに伴う不眠や過眠などの「内科・精神科的睡眠障害」。4つ目には分類が未確定な短時間および長時間睡眠者などが含まれる。

ストレス

生体がなんらかの刺激をうけた時に、生体側に生じる歪みのこと。ストレスの原因は「ストレッサ―」という。生体的に有益な快ストレスと、不利益である不快ストレスがあり、生体の適応性を保つためにはいずれも適度な量のストレスが必要となる。ただしストレスが限界を超えてしまうと、心身のバランスを崩してしまう。そこから回復しようとする際に生じる反応を「ストレス反応」という

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

随時無料電話相談受付中!!


電話でのお問合せはこちら

045-353-7383

受付時間:9:00~18:00

(土・日・祝日は除く)

病院や年金事務所に申請・調査等で外出しているときは、留守電となります。留守電に入電いただければ、事務所に戻り次第、折り返しお電話いたします。
できましたら不在時はお問い合わせフォームをご利用いただき、メールにてお問い合わせ・ご相談をいただきますようお願いいたします。

お問合せはこちら

随時無料電話相談受付中!!
9時~18時
(土・日・祝日は除く)
電話でのお問合せはこちら

045-353-7383

メールでのお問合せは24時間受付けております。お気軽にご連絡・ご相談ください。

ごあいさつ

代表者名 池田 正       
045-353-7383

随時無料電話相談受付中!!
9時~18時
(土・日・祝日は除く)

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますので、お気軽にご相談ください。

info@nenkin-seisin.jp

代表プロフィール