精神疾患の障害年金の申請なら、圧倒的な実績と経験を有する精神疾患専門の横浜障害年金申請相談室にお任せください。

精神疾患の障害年金の申請なら
精神疾患専門

横浜障害年金申請相談室

池田社会保険労務士事務所運営

〒234-0054
横浜市港南区港南台9-19-1-337
URL:https://www.nenkin-seisin.jp
Mail:info@nenkin-seisin.jp


《ご対応エリア》横浜市・神奈川県全域・東京都

●お取扱い業務:精神疾患の障害年金の相談・申請代行




 

営業時間

9:00~18:00
(土・日・祝日は除く)

その他

無料相談を行っています.

初回相談無料

045-353-7383

浜家連(横浜市精神障害者家族会連合会)様から障害年金の相談先の一つに指定されています。

うつ病・双極性障害・統合失調症・

発達障害・知的障害の受給実績多数

8月3日(火)・4日(水)は、夏期臨時休業とさせていただきます。何卒、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

 

精神医学・精神福祉用語⑬

社会生活技能訓練(SST)

認知行動療法の1技法で、対人関係を中心とする社会生活や自己管理、日常生活の技能(スキル)を高めるために自ら進んで訓練する技法。医療機関や社会復帰施設、作業者など多くの施設で実践されている。

アウトリーチ

訪問型の臨床医療や出張型の福祉サービスのこと。
アウトリーチ事業は、未治療への精神疾患への早期対応や、長期入院患者の退院促進・地域生活支援、引きこもりの障害者への生活支援、家族ケアなど、従来の医療や福祉サービスでは対応しきれなかった積極的な福祉のサービス提供形態として期待される。欧米では精神科医療の脱施設化に伴うケアマネージメントと一体で実績があるとされている。

服薬アドヒアランス、服薬コンプライアンス

従来服薬治療は、「患者は治療に従順であるべき(コンプライアンス)」という医療者側主体の医療の中で理解されてきた。しかし、実際の医療現場では、医薬品の服用を規則正しく守らない「ノンコンプライアンス」の問題は患者に原因があると考えるだけでは解決できないことがある。むしろ、患者自身が積極的に治療に参加し、「医師に薬を飲まされる」のではなく、「回復したいから薬を飲む」という自らの意志で服薬を選択する方が治療成功に結びつくことが多い。そのような医療者と患者の対等な関係の中での服薬のことを服薬アドヒアランスという。
良好な服薬アドヒアランスを維持するためには、「病気を認めたくない」、「副作用や依存が怖い」、「薬が効かない気がする」、「治ったからもう要らない」などの服薬を拒否する患者の考えや気持ちを理解し、医療関係者や家族が患者とともに考えて相談する必要がある。

インフォームドコンセント

患者が治療や治験の前に、治療の必要性、望まれる効果、期間、予後、費用などの説明を医師から受け、理解して自由意思で合意して治療を受ける(または拒否する)こと。患者の知る権利と医師の説明義務を前提とする。精神疾患の場合も原則例外ではないが、病名の告知や治療の理解、入院の同意などが困難であることもあり、特に自殺意図者等に対しては、患者の医師に反する医療も認められており、議論のあるところである。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

随時無料電話相談受付中!!


電話でのお問合せはこちら

045-353-7383

受付時間:9:00~18:00

(土・日・祝日は除く)

病院や年金事務所に申請・調査等で外出しているときは、留守電となります。留守電に入電いただければ、事務所に戻り次第、折り返しお電話いたします。
できましたら不在時はお問い合わせフォームをご利用いただき、メールにてお問い合わせ・ご相談をいただきますようお願いいたします。

お問合せはこちら

随時無料電話相談受付中!!
9時~18時
(土・日・祝日は除く)
電話でのお問合せはこちら

045-353-7383

メールでのお問合せは24時間受付けております。お気軽にご連絡・ご相談ください。

ごあいさつ

代表者名 池田 正       
045-353-7383

随時無料電話相談受付中!!
9時~18時
(土・日・祝日は除く)

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますので、お気軽にご相談ください。

info@nenkin-seisin.jp

代表プロフィール